新刊情報

一覧

ワールドフォトプレス・文林堂発行のムック・書籍の情報・通販はブックスにおまかせ!

モノ・マガジン

『モノ・マガジン2022年6月2日特集号』

定価700円


【大特集】 男のバイク 単車乗りの美学 モノ・マガジンのモーターサイクル・ジャンクション
いま、年齢を問わずバイクに乗り始める人が増えている。バイクもギアも充実一途のこの時代、バイクに乗らないなんてモッタイナイ! そこで、本特集では話題の新型モデルや電動モデルをはじめ、ツーリングギアやライディングギアなど“モノ”を中心とした情報をお届け。単車乗りになる絶好のチャンスを逃すことなかれ!

コンバットマガジン

『コンバットマガジン2022年6月号』

定価1,426円


【NAM戦企画】「赤い星組」の兵器と軍装
●南ベトナム軍とアメリカ軍によってまとめられた共産軍の兵器と軍装に関するマニュアルがある。第二次世界大戦時代のボルトアクションライフルから手製の手榴弾、新鋭のロケット砲、さらには北ベトナム軍の制服や記章まで記されたこのマニュアルは非常に資料性が高いのだがきわめて入手困難で、目にする機会はなかなかない。今回は全184ページのマニュアルの中から、とくに興味深い部分を抜き出し、新たに解説を書き加えたダイジェストとしてお送りします!

フィギュア王

『フィギュア王No.291』

定価1,200円


【特集】『シン・ウルトラマン』前夜祭! ウルトラマン
『シン・ウルトラマン』の公開を間近に控えた2022年4月。フィギュア王ではベースとなる『ウルトラマン』を特集。『シン・ウルトラマン』を見る前に是非とも知っておきたい『ウルトラマン』に登場した怪獣・宇宙人。そしてそのエピソード。副読本としてはもちろん、『シン・ウルトラマン』をより楽しんでいただければと思う。

世界の腕時計

『世界の腕時計No.151』

価格1,676円


【特集】創業から四半世紀を迎えたパルミジャーニ・フルリエ――築き上げたものを礎に新たな発展を目指す
1996年に創業したパルミジャーニ・フルリエは昨年に25周年を迎えました。この間にムーブメント、ケース、文字盤メーカーを統合し、大きく発展を遂げました。この25年を簡単に振り返るとともに、25周年を記念して製作したユニークピースの“ラ・ローズ・カレ”と新コレクションの“トンダ PF”をご紹介します。

航空ファン

『航空ファン7月号』

価格1,362円


特集(1)●アメリカ海軍航空部隊の現状
前作の公開から36年の時を経て、待望の映画『トップガン マーヴェリック』が5月27日に日米同時公開となる。これにあわせて、『航空ファン』でも久しぶりにアメリカ海軍を特集、現状の全部隊、空母航空団、運用機種を紹介するとともに、近い将来の動向を解説する。また表紙と巻頭カラーでは海軍最後のレガシーホーネット飛行隊となった予備役部隊VFA-204の最新空撮を掲載、今後機種転換するアドバーサリー(仮想敵)機F-5NタイガーIIとの編隊も紹介するが、前作『トップガン』で登場した敵機MiG-28を連想させるその漆黒の機体にも注目。さらに誌面上でも映画『トップガン マーヴェリック』の公開直前情報をご案内するほか、厚木と岩国での身近な在日米海軍関連ニュースも網羅する。

航空ファン

『航空ファン6月号』

価格1,362円


特集●冷戦後のNATO勢力拡大の経緯
2月24日に始まったロシアによるウクライナ侵攻は現在も収拾のめどが見えてこない状況だが、ロシアがこうした事態に踏み込んだきっかけとなった事象に、東西冷戦終結後のNATO(北大西洋条約機構)拡大があることは間違いない。ソ連解体により東欧諸国をまとめていたワルシャワ条約機構が消滅、その結果多くの東欧諸国はNATOおよびEUの傘下へとシフトしていった。今月はそうした背景と加盟国数が30にも膨れ上がったNATOの現状を紹介しつつ、近年NATOに仲間入りした国々の状況などを見ていく。さらにカラーページでは、ウクライナの情勢を睨んでNATO軍部隊がどのような動きを見せているのかもリポートする。また関連記事として、航空大国ウクライナで活動を続けているアントノフ(旧アントノフ設計局)と世界最大級の航空機An-225についても解説する。

世界の傑作機 アンコール版

『世界の傑作機No.128 アラドAr234“ブリッツ”(アンコール版)』

価格1,466円


第二次世界大戦末期に登場し、世界で初めてのジェット動力による実用偵察機ならびに爆撃機となったアラドAr 234。ジェット戦闘機のMe 262に比べると若干地味ですが、敗色濃いドイツの空で、その高速性能をいかんなく発揮し、技術力の高さを連合国側に見せつけました。本号では、詳細な解説、豊富な図版を用いて、戦後の航空機開発にも多大な影響を与えたAr 234を徹底解剖します。
長らく絶版となっておりましたNo.128「アラドAr234ブリッツ」を、読者の皆さんの熱いご要望にお応えして"アンコール版"として復刻いたしました。内容は一部を除き前版と同一です。まだご覧いただいていなかった方もこの機会にぜひご購読ください。

世界の傑作機 アンコール版

『世界の傑作機No.119 ハインケルHe219 “ウーフー” (アンコール版)』

価格1,257円


夜な夜なドイツ本土上空に来襲する連合国爆撃機に対し、一矢を報いるべくドイツ空軍が放った、夜行性猛禽 ウーフー”。初出撃した同機が1機でいきなりランカスター5機を屠るなど、その高性能ぶりは伝説となっています。しかし、空軍とハインケルの軋轢で生産は少数にとどまり、現在その姿を写した写真もほんのわずかしか残っていません。今回はそれらの写真をふんだんに使用、さらに豊富な図版で本機の隅々まで解説し尽します。
[カラー写真解説]米国シルバーヒルに保管されているHe 219 [写真解説]マニュアル写真原板で見るHe219/He219コレクション [カラーイラスト解説]He219基本塗装図/He219のコクピット/綴じ込みポスター [イラスト解説]マニュアルイラストでみるHe219/He219 5面図 [本文記事]He219の開発と各型/戦闘録/細部/装備
長らく絶版となっておりましたNo.119「ハインケルHe219 “ウーフー” 」を、読者の皆さんの熱いご要望にお応えして"アンコール版"として復刻いたしました。内容は一部を除き前版と同一です。まだご覧いただいていなかった方もこの機会にぜひご購読ください。

MODE OPTIQUE

『モード・オプティークVol.52』

価格933円


■ライフスタイルアイウェア特集
マスク生活になり、ますます目元に注目されることが増えた昨今。眼鏡は生き方であり、スタイルであり、そして自己表現だと思います。今回は、スタイルの異なる4名の男性の眼鏡ストーリーをこだわりや愛用品と合わせて紹介します。みなさん、眼鏡をとても楽しんでいるのがわかるはず。もっと自由に自分らしくかけこなすヒントを探してもらえたらと思います。

LS&D

『LS&D 11 [レザー シルバー デニム]』

価格1,000円


特集【自信作の理由】
“自信作”──モノを発信するメーカー、ブランド、そして自分たちの目利きによって商品を取り扱うショップ、いずれも「これがウチの自信作だ」と矜持をもって消費者に紹介するアイテムがあるだろう。私たち消費者がモノを選ぶ根拠はさまざまだが、自信作と呼ばれる理由を知ることはモノそのものはもちろん、作り手、売り手の技量や考え方、それをつくり出すまでの努力の軌跡を知ることにつながるだろう。ホテルや旅館の利用者がそのホスピタリティなどに心触れるものを感じてリピーターになるように、自信作の裏側にあるストーリーに感銘を受けるならば、そのブランドやショップと長い付き合いになるかもしれない。今回は商品とともに【自信作の理由】を紹介し、消費者と売り手の相互理解を一歩深める企画としたい。

新定番が見つかる本

『新定番が見つかる本』

価格880円


かゆいところに手が届く道具
ボーっと使ってんじゃねーよッ!! 某テレビ番組の女の子が言いそうな……。あなたが普段何気なく使っている道具は大丈夫?実はずいぶん使いづらかったりして。身の回りの道具をじっくり見直せば、イライラ解消、人生少しは楽になるのでは、というコンセプトで、日常使いの道具のさまざまを洗い直し、編集部が厳選した「かゆいところに手が届く道具」を紹介するのがこの本です。

ベトナム戦争雑学事典

『ベトナム戦争雑学事典5』

価格2,800円


コンバットマガジン、文林堂の航空ファンなどで特集したベトナム戦争記事のアンソロジー本、第5弾!!
もう誰もが気づいている。声なき声の存在をだ。アメリカの国にもいるし、ベトナムの国にもいる。抗米戦争に勝ったはずなのにベトナムではアメリカとの戦いについて話すことはタブーなのだ。誰かが聞いている。その緊張が拭えない。ましてや外国からの来た者においそれとは口を開かない。だが、変化はやがてやってくる。いつかきっとくる。

F-4EJ/RF-4EファントムIIの50年

『F-4EJ/RF-4EファントムIIの50年』

価格933円


世界の傑作機別冊・航空ファン特別編集 F-4EJ/RF-4EファントムIIの50年
国内外、老若男女の航空機ファンに愛されたマクダネル・ダグラスF-4ファントムIIが、運用50周年となる今年3月、ついに航空自衛隊から退役しました。これを受け、航空自衛隊の戦闘機型F-4EJ、偵察機型RF-4Eの歴史を振り返るとともに、最後まで運用してきた4つの部隊の各型のファントムの美しい空撮写真集を掲載、運用全飛行隊の写真アルバムと部隊ヒストリーを紹介します。またF-4パイロットであった空自トップ井筒航空幕僚長のインタビュー、パイロット・整備員の思い出なども紹介、さらに機体のメカニズムや搭載装備品解説、全154機の運用リストなど、資料的な部分も充実した内容でお届けします。

防災用品ファイル

『防災用品ファイル3』

価格880円


もしもの時に役立つ、災害食と防災用品最新版
日々、バージョンアップが繰り返されている現代の防災用品。昨日まで便利だったものが、今日はさらに便利になっている。そんなアップトゥデイトな防災用品の中から編集部が厳選した、いま知っておくべき防災アイテムの数々。災害時の「もしも……」を想定した、被災時に使えるアイテムはこれだ!
シーンを想定したプロダクトを中心に、2021年度発刊のNO,3は災害食(防災食)のセレクトも充実。今日食べても美味しい長期保存タイプの食品から美味しさにこだわった商品の魅力度を発見。

航空自衛隊F-4ファントム写真集

『航空自衛隊F-4ファントム写真集』

価格3,000円

世界の傑作機別冊・航空ファン特別編集 航空自衛隊F-4ファントム写真集
航空自衛隊公式カレンダーの撮影を長年にわたって担当し、“デジタルマイスター”の異名をとる気鋭の写真家、洲崎秀憲(すざき・ひでのり)氏が、2021年度末をもって完全退役した航空自衛隊の戦闘機、マクダネル・ダグラスF-4ファントムIIを、千歳、百里、新田原などのファントムベースおよび終焉の地となった岐阜で撮影。各地で撮り貯めた数千点の画像のなかから選りすぐった珠玉の96点を、A4変型判176ページの写真集に収めました。収録写真の構成は、見開き(2ページ大)76枚、1ページ大17枚、1/2ページ大2枚、巻末には各写真のフォトデータおよび撮影場所・日付を掲載しています。

LEVI’S(R) VINTAGE DENIM JACKETS TYPE I/TYPE II/TYPE III

『LEVI’S(R) VINTAGE DENIM JACKETS TYPE I/TYPE II/TYPE III』

価格10,185円

弊社既刊『501®XX A COLLECTION OF VINTAGE JEANS』は世界中のジーンズファンの心をつかみ、いまやバイブル的存在の写真集となった。そしてこのたび、そのトップス版となる本写真集が登場。19世紀の希少なヴィンテージデニムジャケットをはじめ、タイプI、II、IIIというヴィンテージ愛好家の間では通称となっているタイプ別でカテゴライズした内容だ。歴史的にも価値のある、一点モノの貴重なデニムジャケットがここまで揃う機会は、もうないといっても過言ではない。それほど貴重なアーカイブなのである。

THE 501(R) XX A COLLECTION OF VINTAGE JEANS

『THE 501(R) XX A COLLECTION OF VINTAGE JEANS』

価格10,185円

世紀を超えるキング・オブ・ジーンズ
1890年頃、「501®」のロットナンバーをつけられた最初期のモデルから、ワークウエアとして労働者たちの声を受けて変化する時代、第二次世界大戦に巻き込まれ仕様を省略せざるを得なかった頃、そして今日の5ポケットジーンズのカタチを完成させる時代など、1966年までのビンテージ501®が自らの変遷を雄弁に物語る写真集。

Deluxeware デラックスウェア

『Deluxeware デラックスウェア』

価格2,800円

――アメカジ好きなら記憶に留めておくべきウエアブランドだ。
アメリカンヴィンテージに深い造詣と愛情をもち、そのエッセンスを独自のフォーカスにより、今日私たちが身につけるアップデートされたウエアとして提案する。驚くべきは日本各地にある生地や縫製で名だたる産地を訪ね、日本伝統の技術を取り込みながら、ただその焼き直しではなく新しい価値を創造することに情熱を傾けていることだ。洋服が好きならば、一度は袖を通してみたいデラックスウエア、その水先案内人として本誌がみなさまをその世界へとお連れする。

モノ・マガジン2021年1月20日臨時増刊号MASK【マスク】

『モノ・マガジン2021年1月20日臨時増刊号MASK【マスク】』

価格880円


【特集】マスク最前線2021
新型コロナウイルスの世界的な流行を受け、マスクは日常必須のアイテムとなった。他人に飛沫感染させないエチケットとしてはもちろん、自分の手で目や鼻を直接触らないという接触感染を防ぐ用途もある。大学機関による新型コロナウイルスに対するマスクの効果、感染対策の最前線で使われるプロ用マスク、500種類ものマスクをラインアップするファッションマスク専門店、明治・大正・昭和のマスクコレクションなど、マスクの話題を一冊に凝縮。もちろん、最新のマスクカタログも充実。コロナ禍に必須のアイテム「マスク」のイマをお届けします。

グランドセイコー進化論

『グランドセイコー進化論』

価格3,960円


腕時計の王者(グランドセイコー)を徹底的に解剖
奇をてらわず、堂々と……、大人に似合う最高レベルの腕時計、それが、GSすなわち『グランドセイコー』だ。セイコーが生み出した世界水準のジャパンブランド。超高精度メカニズムと、オーセンティックなデザインを合わせ持つ腕時計の王者。本書は、ハイエンドコレクション『グランドセイコー』を支えるムーブメントを徹底的に解剖し、その独創性の秘密に迫ります! 題して『グランドセイコー進化論』。著者は、セイコーで35年にわたってプロフェッショナル・ウオッチシリーズの開発に携わり、100件を超えるパテントを生み出した特殊時計開発の第一人者。1960年のモデルから最新モデルまで、メカニカルな視点から、グランドセイコーの魅力をあますところなく伝えます。本書を読まずしてGSは語れない! 充実の時計用語辞典付き!

世界の傑作機 スペシャルエディション

『世界の傑作機スペシャル・エディションVol.8 写真史「飛行第四十七戦隊」』

価格2,200円


実用試験中のキ四四(二式戦「鍾馗」)を擁し開戦と同時にインドシナ、さらにマレー半島に展開、そしてドゥーリトルの東京初空襲を機に内地へと戻り、関東の基地を拠点に首都防空の任に就いた陸軍独立飛行第四十七中隊。部隊はその後改編されて規模を大きくし、飛行第四十七戦隊となりました。本書はこの戦闘機部隊の誕生から閉幕を追った写真集です。写真と図版の収録数は未発表を含む約300点! 生粋のインターセプター「鍾馗」を駆使し、そして戦争末期には大東亜決戦号と呼ばれた「疾風」に改変。これらの戦闘機で日本本土に迫りくる米艦載機群や超空の重爆撃機B-29を果敢に迎え撃った同隊の躍動する姿がここに甦ります。

TOYS McCOY Archives

『TOYS McCOY Archives』

価格1,200円


アメリカン・ヴィンテージ・クロージングの魅力を追いかけ続けてきたトイズマッコイ。スティーブ・マックイーンやマリリン・モンロー、ピーター・フォンダといったハリウッドスターがスクリーンの上で、またプライベートで身につけてきたギアをゼロからつくり、ミリタリー・クロージングのタフさや機能性を、イマの街で着るためにアップデイトする。安全性とカッコよさを追求したモーターサイクルヘルメットを国内で開発し、ライダーたちのライフスタイルも一段引き上げてきた。トイズマッコイのモノづくりの航跡をたどる『トイズマッコイ アーカイブス』、2019年秋冬の新製品情報もたっぷり詰め込み、ここにお届けします。

コザ・グラフィティ

『コザ・グラフィティ』

価格4,584円


基地の街・沖縄、フェンスの向こうの青春と刺繍
ベトナム戦争を挟んだ時期に、日本でただ一つのカタカナ表記だった街、コザには刺繍店がひしめきあった。その数、30数軒とされる。コザから沖縄市となった今でも、当時からの店が複数続いている。そうした店では、兵士が持ち込んだ刺繍用原画や、兵士たちの要望を聞き取って、店主自らが絵に起こした原図を大切に残している。それらのグラフィティーは、時間に癒された今、貴重なペーパーアーカイブスとして向き合える時代になった。手で触れられるほどの死と向き合っていた当時の兵士たちの心情を、これほどピュアに、そしてストレートに伝えてくれるグラフィティはない。これこそが「コザ・グラフィティ」である。

さらばオジロワシファントム 第302飛行隊

世界の傑作機別冊『さらばオジロワシファントム 第302飛行隊』

価格2,750円


さらばオジロワシファントム 第302飛行隊
昨年度末の2019年3月をもってF-4の運用を終了、新たにF-35A飛行隊として三沢基地第3航空団での活動を開始した第302飛行隊。ファンからも人気があったF-4EJファントムⅡの垂直尾翼に描かれた鮮烈なオジロワシマークと最後の記念塗装を記念誌として残すため、このF-4飛行隊としての歴史の終焉を記念して『さらばオジロワシファントム 第302飛行隊』を刊行します。また、2大付録としてオリジナルパッチ&DVDが付き、本誌限定の誌上販売もございます。

SLOW

『SLOW』

価格1,222円


世代を継ぐ革道具 SLOW
昨年10周年を迎えたレザーブランド[SLOW]。上質な革素材を選定し、日本の職人技術により生まれる鞄や革小物の数々は、アメリカン・ヴィンテージに範をとりながら、イマの時代のデイリーライフになじむデザインとなっている。革製品の魅力はなんといっても時とともに味わいが深まる“経年変化”。SLOWの製品ひとつひとつは、使い手と長年寄り添い、次の世代へと継がれるVINTAGEとなることに思い込められている。本誌では最新ラインアップをはじめ、その製造現場、創作の秘密など、SLOWの魅力をまるまる大解剖! 全レザーアイテム愛好家必見のムックです。

小屋2 男の秘密基地

『小屋2 男の秘密基地』

価格1,019円


小屋はつくり手との距離が近い。その分、思い入れを託されて、記憶と結びつきやすい。秘密基地や冒険基地など小屋に物語を生む力があるのは、そこに理由がある。 「小屋2」では、2018年度イギリス発「小屋コンテスト」の勝者と彼らの小屋の発表。グランピング先駆者たる文豪ヘミングウェイから、ウォールデンの森のソロー、NYCの屋上水槽を手本にした小屋づくり、アメリカで裏庭革命を起こしつつあるADU。いきものがかり山下穂尊さんの「小屋語り」まで、時に心が熱くなる小屋物語がいっぱい。巻末には実際につくる時に役立つ小屋の「法的ABC」から施工キットカタログの構成で小屋を丸ごと楽しむ。

Sinn

『世界計測機器 Sinn』

価格3,259円


ドイツの時計会社「Sinn(ジン)」は腕時計にメカニカルな計測機器を搭載する。その製品は世界中でさまざまな職業人から一般の人まで広く使用されている。この特異なポテンシャルを持つSinnというメーカーをエンターテーメントとしてグラフィカルに紹介。Sinnの腕時計の開発力に迫る異色のムック。




mono
フィギュア王
COMBAT
世界の腕時計
ベトナム戦争雑学事典
MODE OPTIQUE
LS&D
ワールドムック
航空ファン
世界の傑作機

定期購読の申し込み


下記リストに表示されているワールドフォトプレスおよび文林堂の雑誌の定期購読をご希望のお客様はWEBリンク先からお申込み頂くことが可能です。定期購読はFujisanマガジンサービスでのお取り扱いとなります。送料無料でのお届けはもちろん、お得なキャンペーンもございますので是非ご利用ください。

■各定期誌のお申込みはこちら
 ・モノ・マガジン http://fujisan.co.jp/pc/web-wpp-mono
 ・コンバットマガジン http://fujisan.co.jp/pc/web-cmm
 ・フィギュア王 http://fujisan.co.jp/pc/web-f-king
 ・世界の腕時計 http://fujisan.co.jp/pc/web-sekai-udedokei
 ・モード・オプティーク http://fujisan.co.jp/pc/web-m-o
 ・航空ファン http://fujisan.co.jp/pc/web-koukuu-fan


モノマガweb

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

ページトップへ