豊臣秀吉公の三面大黒天懐中念持仏

価格: ¥22,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

秀吉の菩提寺に伝わる、太閤 豊臣秀吉が生涯所持した念持仏「三面大黒天」が懐中守りとなって再び降臨!


尾張の国 中村(現、名古屋市中村区)に百姓の子として生を受け、過酷でどん底のような少年時代から天下人まで上り詰めるという、日本のみならず世界史的にも稀に見る大出世を遂げた歴史的英雄、豊臣秀吉。

秀吉は生涯一体の仏像を所持し大切にしていたといわれている。

その念持仏が秀吉の菩提寺である鷲峰山高台寺 圓徳院(京都市東山区)に今なお祀られる“三面大黒天”なのです。本作品は圓徳院の公認を受け、秀吉ゆかりの“三面大黒天”のお姿をほぼ原寸大で再現した復刻像を展開。

しかしながら念持仏としていつでもどこでも持ちたいという要望からこちらの小型サイズにしたのがこちらだ。片手サイズ程度で、鞄の中やポケットなどにもしまえるありがたい御守りとなることだろう。

本作品は一体一体、圓徳院にて開眼供養のご祈祷を受けた証明書、開眼供養証明書が付属、そして、懐中念持仏として持ち歩けるようきんちゃく袋も付属。

■三面大黒天とは、強力な天部が三位一体となった合体神
“三面大黒天”は、護国豊穣の福の神=大黒天、必勝と財運の福の神=毘沙門天、福徳財宝の福の神=弁財天という単独でも強力な天部が三位一体となった最強の福の神です。秀吉はそれを生涯、念持仏とすることで実際にも稀に見る勝負運(金ヶ崎崩れの殿志願、中国大返しの明智光秀討伐)と、ありがたい良縁(織田信長、ねねとの出会い)、そして大きな金運(200万石の所領と莫大な上納)に恵まれました。


■サイズ
高さ6×幅3.9×厚さ2cm、重量20g
■素材 : 檀木
■本体、 圓徳院祈祷証明書、巾着袋

■お届け時期:ご注文より10~15営業日ほどでお届けとなります。

モノマガweb

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

ページトップへ