航空ファン2024年8月号

価格: ¥1,450 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

特集●ベストセラー機MiG-21の現在

東西冷戦期にソ連で開発され、中国製のコピー機を含めると13,000機以上が生産されたという、まさに超音速ジェット戦闘機のベストセラーMiG-21“フィッシュベッド”。運用国は50ヵ国以上を数え、今もアジア、アフリカの国などでは現役だが、第5世代戦闘機の台頭でついにヨーロッパからは姿を消そうとしている。今月はヨーロッパ最後のフィッシュベッド運用国となったクロアチアでの、ラファール戦闘機との世代交代を象徴するエアショーのほか、スリランカ空軍が維持し続けている中国製F-7の現状をカラーで紹介。本文記事ではMiG-21の開発と各型を解説しつつ、現時点でどれだけの国が使い続けているかや改修機などの最新情報をまとめる。

今月の注目記事

●米空軍B-21レイダー爆撃機飛行試験写真初公開
●航空自衛隊基地航空祭―静浜・美保・防府北
●鶴岡天神祭でブルーインパルス飛行
●「写真を磨く」特別編「ヘリコプター」第2回
●海外で見た防衛装備移転の現状
●韓国KF-21のこれまでと未来
●AIR RACE X 2024 RACE 1 REMOTE ROUND
●台湾・金門島の展示機と台南の展示機差分
●横田基地友好祭2024

注目グラフィック特集

●NTM(NATOタイガーミート)24ドイツで始まる
●イタリア空軍偵察/航空支援戦闘機AMX PHASE OUT
●NATOの炯眼E-3A AWACS
●USSロナルド・レーガン在日米海軍空母としての最後の横須賀出港


発売日:2024年6月20日
雑誌コード:03743-08
通巻860号

航空ファンBLOGはこちら!

モノマガweb

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

<夏季休業のお知らせ>
誠に勝手ながら、弊社は7/27(土)~8/4(日)まで夏季休業とさせていただきます。期間中はご注文の受付、メールでのお問い合わせは受付けておりますが、商品の手配、ご入金確認、お問い合わせのご回答などは休み明けの8/5(月)より順次対応となります。
期間中はご迷惑をおかけしますが、ご了承のほどなにとぞよろしくお願いいたします。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ