航空ファン2022年7月号

価格: ¥1,362 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

特集(1)●アメリカ海軍航空部隊の現状

前作の公開から36年の時を経て、待望の映画『トップガン マーヴェリック』が5月27日に日米同時公開となる。これにあわせて、『航空ファン』でも久しぶりにアメリカ海軍を特集、現状の全部隊、空母航空団、運用機種を紹介するとともに、近い将来の動向を解説する。また表紙と巻頭カラーでは海軍最後のレガシーホーネット飛行隊となった予備役部隊VFA-204の最新空撮を掲載、今後機種転換するアドバーサリー(仮想敵)機F-5NタイガーIIとの編隊も紹介するが、前作『トップガン』で登場した敵機MiG-28を連想させるその漆黒の機体にも注目。さらに誌面上でも映画『トップガン マーヴェリック』の公開直前情報をご案内するほか、厚木と岩国での身近な在日米海軍関連ニュースも網羅する。

特集(2)●ブルーインパルス2022

新年度に入り、コロナ禍に対するコントロールも進むなか、新シーズンの活動を開始した航空自衛隊アクロバットチーム、ブルーインパルス。今シーズンは徳永克彦カメラマンがホームベース松島基地を訪れ、最新の訓練の模様をリポートするとともにメンバーのポートレートを撮影した。また昨年度末に新隊長に就任した名久井2佐のインタビューや今シーズン初展示となった高田城址公園観桜会での展示飛行のリポート、石巻市旧北上川での展示飛行なども掲載する。さらに元井英貴氏による好評不定期連載「写真を磨く」の特別編も、ブルーインパルスの作品がテーマとなっている。

今月の注目記事

●トンガ王国国際緊急援助活動に参加した陸自隊員
●陸自第1空挺団と米空軍374AWの空挺降下訓練
●飛行船がふたたび日本の空を飛ぶ~“新スーパードライ”号
●ロバート・ミケシュ氏追悼文寄稿
●特別インタビュー~芥川賞作家・砂川文次さんは元陸自AH-1パイロット

注目グラフィック特集

●オーストラリア空軍KC-30Aが小牧に展開
●ジム・ラーセンのビューファインダー(3)Early Jets
●あいち航空ミュージアム第4回フォトコンテスト受賞作品

好評連載群

極東の日本を目指して―大飛行時代に訪日した飛行家たち
航空救難団活動記録
ヒコーキおもちゃ箱
写真を磨く―あなたの写真はもっとよくなる
双胴偵察機Fw189の検証
最新・中国航空・軍事トピック
デジスカイ―フライトシムの世界

発売日:2022年5月20日
雑誌コード:03743-07
通巻835号

航空ファンBLOGはこちら!

モノマガweb

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

7月30日~8月7日まで夏期休業となります。期間中はご注文、お問い合わせは受付できますが、商品の手配・発送やご返答は休み明けの8月8日(月)より順次となります。期間中はご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご了承のほどよろしくお願いします。

ページトップへ