航空ファン2022年2月号

価格: ¥1,362 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

特集●航空自衛隊那覇基地

21世紀に入ってから中国が台頭、東シナ海や南シナ海での海洋進出も著しいなか、冷戦期には「北方重視」と言われていた日本の防衛態勢は尖閣諸島を含む南西域を中心としたエリアにシフトしていった。その防空の中心を担うのは、沖縄県の航空自衛隊那覇基地。2個F-15飛行隊を擁する第9航空団に加えて早期警戒部隊第603飛行隊や那覇救難隊、那覇ヘリコプター空輸隊も所在する同基地は、2017年に発足した南西航空方面隊の指揮下にある南西航空警戒管制団、第5高射隊とともに南西域の空を護っている。2022年5月には沖縄が本土復帰50年を迎えるなか、国防の最前線となった那覇基地を取材、新滑走路の運用や所在各部隊の日々の訓練をリポートする。また、戦前に設置されてから現在にいたるまでの那覇基地の沿革や部隊指揮官のインタビューも紹介。さらに関連記事として、同じく東シナ海で中国と対峙する台湾空軍のF-16Vの戦力化など、同空軍の最新情報もお届けする。

今月の注目記事

●ブルーインパルス、地元東松島市産業祭に参加
●HondaJet 2600のコンセプト
●F-35が直面する可動率と運用経費の課題
●米特殊作戦機MC-145B初号機が完成
●自衛隊トピック―陸自陸曹航空操縦課程(中期)卒業行事/美保に展示されるF-4EJ改「ヨサク」/ウィークエンド新田原
●一式双発高等練習機とはどんな機材でどう使われたのか

●B.777Xや川崎C-2も参加したドバイ航空ショー2021
●スウェーデンで行なわれたドイツ空軍の実弾射爆撃訓練
●ANAのA380“FLYING HONU”全機が整列
●米バージニアビーチでP-51D、F4U、P-40、モスキートが歴史的編隊飛行
●笠岡&富士スピードウェイで飛んだ室屋義秀

好評連載群

極東の日本を目指して―大飛行時代に訪日した飛行家たち
航空救難団活動記録
ヒコーキおもちゃ箱
写真を磨く―あなたの写真はもっとよくなる
新連載・双胴偵察機Fw189の検証
最新・中国航空・軍事トピック
デジスカイ―フライトシムの世界

発売日:2021年12月21日
雑誌コード:03743-02
通巻830号

航空ファンBLOGはこちら!

モノマガweb

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

7月30日~8月7日まで夏期休業となります。期間中はご注文、お問い合わせは受付できますが、商品の手配・発送やご返答は休み明けの8月8日(月)より順次となります。期間中はご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご了承のほどよろしくお願いします。

ページトップへ