コンバットマガジン2023年9月号

価格: ¥1,500 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

【特集】M14 Rifle,7.62mm NATO

●過去から現在まで、数多の火器の中には「名銃」と呼ぶに相応しいものもあれば、「駄作」と評されてしまうものもあった。銃器も工業製品のひとつであり、今更、開発の難しさを語るまでもないが、しかしながら例外的に誕生の瞬間から傑作たることを約束される一挺もある。軍用火器である。そんな中、高い知名度を誇りながら、なぜか評価が定まらない一挺がある。そう、1957年に米軍が制式採用したM14ライフルだ……。大失敗と評されることもあるM14の真の評価にケン・ノザワ氏が迫る大特集。貴重な写真や図版も満載です。

パッチの研究④ 米陸軍特殊作戦部隊編

●アメリカ陸軍特殊作戦コマンド、通称ASOC(Army Special Operations Command)。U.S.SOCOM(Special Operations Command/アメリカ特殊作戦軍)が管理・統轄する特殊部隊の陸軍部門にあたる組織だ。ノースカロライナ州フォートブラッグに拠点を置き、隷下にはグリーンベレー、特殊部隊サポートチーム、JFK特殊戦センター&スクール、特殊作戦航空コマンド、第75レンジャー連隊、そしてデルタフォースと名高い部隊が名を連ねる。そんな特殊部隊のパッチをdjちゅう氏が徹底解説!

【NAM戦企画】プロジェクトデルタ 偵察マニュアル Part6 ―ベトナムにおける長距離偵察のA to Z―

●ベトナムで解放戦線と北ベトナム軍を何度となく出し抜いた偵察部隊。彼らが実戦での経験に基づいて編み出したマニュアルの内容を、当時とベトナム戦争後の写真を混じえて詳しく解説! 驚くべきことに当時のマニュアルに記された数々のノウハウは、現代の特殊作戦にも十分に活用できるものだった! 好評連載第6回!

【好評連載企画】現用米軍装備カタログ 「海」装備特集 part11 1990年代後半~2000年代の強襲上陸装備 LBT製浮力チェスト・リグの歴史編

●いよいよ佳境の「海」装備特集! 今回はロンドン・ブリッジ・トレーディング製の浮力チェスト・リグをご紹介! 貴重なモデルを細部までしっかり解説します!

【好評連載】ウエスタンアームズ 今月のリコメンドモデル

SVインフィニティ エクセラレーター5.4
●今月の注目モデルは「SVIタクティカル5.4」を大幅にバージョン・アップしてリリースされる「SVインフィニティ・エクセラレーター5.4」。ウエスタンアームズの加工技術の粋を駆使して、さらにセンセーショナルな外観となったファン注目の一挺だ!

コルト・ディフェンダー コンバット・エリート・シルバーVer.
●サンドブラストとポリッシュでフィニッシュした立体感溢れる外観でファンの心を鷲掴みにした.45サブ・コンパクトに、スタイリッシュなオール・シルバー・モデルが登場! .45の強力なパワーをそのままに、極限までコンパクト化されたディフェンダーのスタイリッシュ・バージョン「コンバット・エリート/ディフェンダー・シルバーVer.」。小型モデルからは予想をできない作動性と強いキックをぜひその手で確かめよう!

ミリタリア・ラウンドアップ! WW2 アメリカ陸軍ガン・ケース

●ミリタリー・コレクションにおける銃器アクセサリーの中では比較的マイナーな存在のガン・ケース。これは用途が銃の運搬用と地味なのが理由のようだが、サバイバルゲームやリエナクト・イベントでのトイガン運搬には欠かせない存在でもある。今回は複製品が充実している第2次大戦のアメリカ陸軍ガン・ケースを紹介します!

東京マルイ 夏の特別企画 ガスブローバック THE THREE TREASURES

●完成度はお墨付き! 出来も超良いのに、なぜか忘れられがちな、東京マルイ/ガスブローバックハンドガン“3つの秘宝”こと「FN5-7」「Px4」「XDM-40」。その輝き、個性、唯一無二の魅力を、撃って、撃って、再発掘! 快調ブローバックの季節到来を祝う特別企画!

Djちゅうのギアヘッズジャンクション 米陸軍 VS 米海兵隊頂上決戦! オペレーション・アルマジロ

●今回のギアヘッズジャンクションは「陸軍と海兵隊のレギュラー部隊」に熱狂するギアヘッズ達にズームイン! 陸軍と海兵隊がガチンコでサバゲするイベント『オペレーション・アルマジロ』へ、DJちゅうが参戦! 実は奥深いレギュラー部隊の装備の世界をご紹介します!

ニッポンの力こぶ 第3師団 JGSDF 3rd Division

●陸上自衛隊は大規模な組織改革を断行中だ。そのひとつが、日本全国に15個編成されている、作戦基本部隊たる師団および旅団の改編だ。いずれも機動力を高めて即応性を高めることを目標としている。今回は創立記念行事を通じて、2024年3月までに大きく形を変える第3師団に軍事フォトジャーナリスト、菊池雅之氏迫ります!

その他、3人のおじさんが6/11に行なわれた赤羽シューティングクラブ主催の公式練習会で大コケしたシェフ狩野氏に猛省促す「サバゲ3等兵APS部」、サバゲ界の革命児ボスゲリラのコラムなどなど、今月も読み応え抜群、照り付ける太陽に負けないくらいの熱い内容でお届けします!


発売日:2023.7.27
雑誌コード:03967-09
通巻570号
立読みはコチラ

モノマガweb

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ