CCP 北斗究極造形第一弾 ラオウ対フドウ(フドウ劇中版)

価格: ¥18,150 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

CCP 北斗究極造形第一弾 ラオウ対フドウ(フドウ劇中版)

かつてラオウを恐怖させた漢「鬼のフドウ」。両者の鬼気迫る再戦は熾烈を極め、やがて思わぬ方向へと転んでゆく……!『北斗の拳』の名勝負のひとつとして知られるラオウとフドウの決戦を、CCPがこだわりの造形と彩色で立体化!

本商品がソフビ・フィギュアと聞いて、すんなりと信じられる人がどれだけいるだろうか? ソフビと言えば、使用されるパーツが数個というイメージ。しかし本商品に限っては、ラオウが約13、フドウに至っては約17という驚くべき数で一体のフィギュアを構成している。
さらにリリースモデルとしては鮮血の様子をも再現した「激闘版」、対峙する様子がうかがえる「劇中版」、設定資料をベースにした「初期設定版」の3つのパターンを用意。そしてラオウは兜あり、なしの2モデルにオプションパーツのマントも登場と計9種類というバリエーション。(モノ・ショップではラオウ兜ありで激闘版、劇中版、フドウ激闘版、劇中版、オプションのラオウのマントのみ取り扱い)

本モデルの劇中版では、戦いの始まりを想定したかの様子で、ラオウ、フドウともに荒野の土埃をまとった様子が再現されている。さらに、北斗の拳の世界観もしっかりと入れ込んでいて、フドウにおいては質素な生活でもあったため、衣類の汚れや傷なども細かく刻まれているのだ。

また、フドウの左肩には南斗五車星を示す墨も再現。連載当時は白黒のため色は知らない方も多いと思うが、その色は緑だった。細かな部分の再現しており見どころは充実している。

あの世紀末覇者ラオウをケンシロウ以外で勝ったといえるのは山のフドウのみ。北斗の拳の名シーンを見事に立体化したCCPのフィギュアを是非とも手に入れていただきたい。

■サイズ:約26.5cm
■素材:PVC(ソフビ)製
■仕様:彩色済み完成品
■著作:©武論尊・原哲夫/コアミックス1983, 版権許諾証GB-800
※掲載している商品の画像はサンプルのため、実際の商品と多少異なる場合があります。

●商品代金
価格18,150円(フィギュア本体商品代金)+1000円(送料・手数料)=19,150円(税込)
※送料・手数料は数量に関わらず1体のご購入につきかかりますのでご了承ください。
※他の商品もお買い上げの場合、別途送料手数料がかかります。
※払込票をご利用の場合は別途330円がかかります。


■数量限定
一定の数に達した場合、受付を終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。

■受注生産品・お届け予定
お届け時期は2021年9月以降を予定しております。受注生産のため、製造上の理由でお届け予定よりも遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※モノ・マガジン誌面では7月からの発送予定となっておりましたが、
ハンドペイント仕上げが想定以上に時間がかかり、納期が遅れる形となりました。

【必読】
■お支払方法のご注意
お支払方法はクレジットカード決済かコンビニ決済(コンビニ・ATM)の前払いです。
コンビニ決済を選択される方は、端末方式、払込票ともに期間内にお支払いください。
期限を過ぎた場合は自動的にキャンセルとなりますのでご注意ください。
払込票をご利用の場合は、別途330円がかかります。
■メールアドレスのご注意
「注文確認メール」はご注文いただいた際に自動配信しております。
メールアドレスを「Yahoo!メール」や「スマートフォン、携帯」で登録している方の中には、セキュリティ設定(迷惑メールの設定)によってmono shopからの確認メールが届かない方がいらっしゃいます。
あらかじめ迷惑メール設定の解除などをお願いいたします。

■お問い合わせ先
【購入方法、お支払いに関するご質問】
モノ・ショップのお問い合わせは下記URLのお問い合わせフォームよりお願いいたします。
https://www.monoshop.biz/FORM/contact.cgi

モノマガweb

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

※7/22~8/1まで弊社は夏期休業となります。

ページトップへ